最強にお金が溜まる財布の条件

財布 Uncategorized

お金が溜まる財布の選び方

お金が溜まる財布を考える上で、最も重要なのが財布の選び方です。
そこで、まずは最もベストな財布の選び方についてお話しします。

形状は長財布がベスト

男女ともに、長財布を持つのがベストです

折り畳み式はコンパクトに持ち歩けるので便利ですが、お札を折り曲げることになるので、お金も嫌がります。
かさばってしまうのでカバンに入れた時に多少邪魔になりますが、長財布を選ぶようにしましょう。

色は黒色か茶色がベスト

財布の色は、「黒色」か「茶色」を選ぶようにしましょう。

派手な色の財布はお金も嫌がりますし、
人からも軽い感じに見られてしまうので、ビジネスの相手からも軽く見られてしまいます。

余計な誤解を招かないようにするためにも、「黒色」か「茶色」の財布を選ぶのがベストです。

女性はピンク色の財布も可

女性の場合には「ピンク色」の財布もおすすめです。

「ピンク色」の財布というのは「棚ぼた財布」とも言われており、
その名の通り棚ぼた的にお金を得たり、仕事ではお客さんから別のお客さんを紹介されたりと、
まさに労せずにお金やお金を稼ぐチャンスを手にすることが出来る色になります。

青色と赤色の財布はNG

青色」の財布は「お金が流れてしまう」、つまり、出ていってしまいます
赤色」の財布は「お金を燃やしてしまう」、つまり、浪費してしまいます

ワンランク上の財布を選ぶのおすすめ

自分の現在の年収や地位にあったものではなく、少し無理してでも、ワンランク上の財布を購入するようにしましょう。

例えば、私は新卒当時の初任給は300万円だったので、本来は1万円以内に抑えたかったのですが、
頑張って3.5万円のブランドものの財布を買いました。

数十万円の財布だと無理をし過ぎになるので、年収300万円くらいであれば、3~5万円を目途にして財布を選ぶようにするといいです。

財布を買い替えるタイミング

3年毎に買い替える

財布は3年ごとに買い替えるのがベストです。

長く使っていると財布も傷んできますし、目に見えなくても、結構汚れています。

古くなった財布は、お金自身も嫌がるので、3年を目途に買い替えるようにしましょう。

ただし、お金の流れが好調の場合には、3年を超えても使い続けてOKです。

新しい財布は雨の日に買うと金運アップ

雨の日、特にどしゃ降りの日に買った財布は、晴れの日に買った財布よりも金運がアップします。

雨の日に出掛けるのは憂鬱になるので出不精になりがちですが、そこは気分を上げて買いに出かけましょう!

お札と財布のしまい方

お札は金額毎にまとめて、方向を揃えておく

お札の財布へのしまい方は、以下の様にして下さい。

・金額毎に揃える
・小さい金額のお札を前に入れ、大きい額のお札を奥にしまう
・顔が前に来るようにする

お札の顔が下に来るようにしてしまう

お札は、顔が下向きになるようにして財布に入れて下さい。
そうすることで、お札が財布から出ていきにくくなり、お金が溜まりやすくなります。

ただし、全てのお札を下向きにするのではなく、使う分だけは、顔が上向きになるようにして、財布の手前に揃えて入れるようにして下さい。

新札を入れるのがベスト

新札というのはまだ誰の手にも触れていない綺麗なお金なので、金運がアップします。

お金を下ろす際には新札に変えて貰うようにして、出来る限り新札を入れるようにして下さい。

もし新札が手に入らなくても、極力しわの無い綺麗なお札を入れるようにしましょう。

そうすることで、お金が寄ってくる財布になります。

逆に、よれよれに折れ曲がったお札を財布に入れていると、お金が寄ってこなくなります。

そのようなお札は直ぐに新札と交換して貰うのがベストですが、
手に入れてしまった場合には優先的に使用するようにして、極力綺麗なお札を残すようにしましょう。

お札と小銭は一緒に入れない

お札小銭は、同じ財布に入れないようにして下さい。

小銭入れを用意して、お札小銭は必ず分けて収納して下さい。

カード類の取り扱い方

財布に入れるカードは、クレジットカードキャッシュカードのみにして下さい。

その他のカードは、カード入れを用意して、そちらに入れましょう。
また、青色と赤色のカードを財布に入れることもNGです。

さらに、SUICAなど交通系カードも「動」の気を持つので、お金が動いてしまう。。。
ということで、財布に入れるのは絶対にNGです。

財布のしまい方

出掛ける時

財布はポケットに入れずに、必ずカバンに入れて持ち歩いて下さい。
また、カバンにしまう際には、布に包んで財布の端が汚れないようにすれば、さらにいいです!

家に帰ってきた時

家に帰れば財布をカバンに入れっぱなしにせずに、カバンから出して、必ず定位置に置くようにして下さい。

財布に入れる金額

財布に入れているお金が少ないと、お金が出ていきやすくなるので、いつも多目に入れておくようにしましょう。

20~30万円くらいが理想の金額ですが、
元々の財力の問題もあるので、
収入に応じて、もう少し少額でもいいでしょう。

金運アップの神社

金運アップにご利益のある神社として有名なのが、日本三大神社と呼ばれる「新屋山神社(あらややまじんじゃ)」、「安房神社(あわじんじゃ)」、「金剱宮(きんけんぐう)」です。

その中でも、最強の金運神社と言われているのが、山梨県の「新屋山神社(あらややまじんじゃ)」で、お金持ちの方がこぞって通われています。

本宮(もとみや)奥宮(おくみや)に分かれていますが、特に強いパワースポットと言われているのが奥宮です。

本宮に参拝した後は、必ず奥宮にも参拝して下さい。

それと、社務所では金運カードと呼ばれる金アップにご利益のあるカードを頂くことが出来ます。
頂いて財布に入れておくと、効果抜群です。
新屋山神社の金運カード

私も毎年「新屋山神社」に参拝して、金運カードを頂いて帰ります。

お守りを入れる場合

財布にお守りを入れる行為は、NGではないです。

ただし、入れすぎに、1つの財布に入れるのは、必ず1つにしましょう。
もちろん、入れるお守りも、金運に関わるものにして下さい。

番外編

末尾が9X、9Y、9Zの一万円札というのは、金運アップに効果があると言われています。

その中でも最強と言われているのが、末尾が「9Z」の1万円札です。
もし、末尾が「9Z」の1万円札を見つけた場合には、使わずに大事に取っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました